トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

タグ:時計修理 ( 187 ) タグの人気記事

掛時計の中の防錆紙

掛時計を仕入れて、中を整備するときに

分解していると

いろいろなものが出てくることがあります。

明治時代の頃の時計からは

蜂の巣が出てくることがよくあります。

まあ、すでに主はいないので安全ですが。



時代が新しい時計からは

こんなものが出てきました。

b0167617_1854865.jpg


防錆紙」です。

機械が金属製なので湿気で錆が広がらないように

このような紙をしこんでいたのだと思われます。

当時のちょっとした発明商品?

以前にも紹介した名古屋の佐藤時計製造のものです。
by a-trifle | 2009-06-30 18:55 | 時計修理

ブローバ アキュトロンの専用工具

時計好きな方にはすぐに分かると思う工具も

知らない人が見ただけでは何に使うか分からない工具っていうのがあります。

これ、何に使うかわかりますか?

b0167617_19512117.jpg










答えは電池交換に使う工具です。

後ろにマイナスネジの大きい溝があって、

そこにぴったり合うように作られています。

コインでも代用できるのですが、コインだとどうしても

傷が付きやすいのです。

ちなみに日本のお金では厚みがありすぎて代用できません。

海外の小額コインしか使えません。

日本製の時計は当然ながら日本のお金を使えるような仕様になっています。

溝がちょっと幅広なんです。
by a-trifle | 2009-06-28 19:52 | アンティーク時計

時計のヒゲゼンマイの包み紙6

ヨット印のヒゲゼンマイの包み紙です。

b0167617_20193577.jpg


以前に同じメーカーのものを紹介しましたが

これは、1個包装のスペシャル版です。

高級仕上げだったのでしょうか?

価格もちょっと高めだったのかもしれません。
by a-trifle | 2009-06-24 20:20 | アンティーク時計

セルロイドの時計部品皿

三角形をした時計の部品皿です。

b0167617_17325257.jpg


古い物は画像のようなセルロイド製ブリキ製

最近ではプラスチック成型されたものが使用されています。

この皿は時計材料店のノベルティーだったらしく、

まわりにいろいろと文字が入っています。

どんな風に使うかというと・・・

こう持って・・・

b0167617_1733764.jpg


こうやって入れると・・・

b0167617_17331939.jpg


小さな部品が散らばってしまったり、落ちたりしません。

ちょっとした道具ですが、とても便利です。
by a-trifle | 2009-06-19 17:34 | 時計修理

自動巻き腕時計の取り扱い方

資料の中からこんなものが。

b0167617_1902793.jpg


自動巻き腕時計の取り扱い方

1960年代から70年代、セイコーが発行したものです。

裏は英語版表記になっています。

発売当時、自動巻きの使い方が分からないお客様が

「動かない。(止まった!)不良品だ!」

と、たくさんのクレームがあったようです。

確かに初期の自動巻き機械はゼンマイの巻上げ効率も

それほど良くなかったり、巻き上げ機構も試行錯誤の

続いていた頃なので、余計に混乱したことでしょう。

セイコーの自動巻きの場合、

最初は手巻きと自動巻きの併用、

その後自動巻きのみ(巻き上げ効率が劇的にあがったため)、

しかし、このときも手巻きが出来ないとクレームが来たそうです。

そもそも、そういうモデルは手で巻きずらいように

竜頭がちょっと内側に隠れているデザインだったのですが

その意図がしっかりと理解されていなかったんでしょうね。

巻くときは図のようにゆっくりと振ってあげるといいですね。

間違ってもガンガン激しく叩く様にしないであげてください。

最悪の場合、壊れますので。

自動巻き時計の手巻き機構も、あくまで補助的なものなので

頻繁に行うのは避けましょう。

機械にはかなりの負担がかかりますので。



もし、動かなくなってしまった故障の修理や分解掃除のご用命がありましたらば

当店トライフルにご相談ください。
by a-trifle | 2009-06-16 19:03 | アンティーク時計

1960年代 ナショナルの時計

ナショナル製の電池時計です。

b0167617_17543543.jpg


松下電器、今ではパナソニック。

1960年代の素敵なデザインの時計の一つです。

前面プラスチック製、横板は木製に塗装されています。

当時から見た「未来」をイメージした時計だったんでしょうね。

下の部分だけクローズアップすると・・・

b0167617_1755624.jpg


SF映画にでも出てきそうです。

フルオーバーホールで絶好調に動いています。
by a-trifle | 2009-06-14 17:58 | アンティーク時計

精工舎 目覚まし時計

精工舎の目覚まし時計です。

b0167617_13394922.jpg


現在のセイコーですね。

通称「ヘソ形目覚まし」「ヘソ目」などとよばれています。

古くは明治時代から作られていますが

こちらの時計は昭和初期のものだと思われます。

b0167617_13401835.jpg


文字盤は厚紙製です。

もともとは真っ白だったのでしょう。

時代を経て茶色く変色しています。

ガラスも古い当時のゆらゆらガラスです。

内部も完全分解掃除、調整をしましたので

おじいちゃん時計ながら元気に時を刻んでいます。

b0167617_13414750.jpg


裏の刻印もいい雰囲気です。
by a-trifle | 2009-06-13 13:43 | アンティーク時計

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30