トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

タグ:時計の使い方 ( 7 ) タグの人気記事

自動巻き腕時計の使い方・ゼンマイの巻き方

b0167617_18595034.jpg


これは、ワタシが学生の頃初めて買った自動巻きの腕時計です。

あ~、ナツカシイ。

自動巻きの腕時計には大抵のものは

内部にローターと呼ばれる

半円形の振り子のような部品が入っています。

それが重心の変化で動くことによって

ゼンマイが巻かれる仕組みです。

手巻きでゼンマイを巻けるものもありますが、

機械に多大な負担をかけて

機械を痛めてしまう恐れがありますので、

出来る限り避けた方が良いと思います。

特に、未整備だった時計を動かそうとして竜頭で巻く行為は

内部機械を壊してしまう可能性が高くなりますので

絶対に避けてください。


動かし始めは

このように持ち

b0167617_190166.jpg


手首を中心にして左右に回転させます。

右・・・

b0167617_1903542.jpg



左・・・

b0167617_190543.jpg



こうすることで、秒針が動き出す(はず)です。

今度はゼンマイを巻きます。

手首を軸にして、

b0167617_1913884.jpg


左右にスライドさせます。

左・・・

b0167617_192079.jpg


b0167617_1921337.jpg


右・・・

b0167617_1922565.jpg


b0167617_1923543.jpg


あまり勢い良くすると

飛んでいってしまうので注意です(笑)。

往復するのに1秒くらいでしょうか?

シュッ、シュッっていう感じです。

(伝わりずらいかも・・・?)



これを数回から十数回繰り返します。

あとは普通に歩いて一日過ごせば

一日分くらいはゼンマイが巻けていると思います。

この、ゼンマイを巻くというのは楽しい作業だと思うのですが、

たくさん所有している方、資金のある方、

めんどくさい方(笑)は、ワインディングマシンという商品が

市販で各種販売されていますので、それを使用するというのもアリだと思います。

但し、ワインディングマシンと時計機構の相性が合わずに

巻き上げが巧くいかないものもあるようですので

最終的にはご自身の腕に装着して、

丁寧に巻き上げてあげるのが良いと思います。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2014-04-20 10:47 | 時計の使い方

手巻き腕時計の使い方

手巻き腕時計の使い方です。

古くからある方式の一つです。

内蔵されている小さなゼンマイを手で巻いて動力として時計を動かします。

注 

内部機械を完全分解掃除・整備がされていることが

前提の使い方です。

未整備で動作させてしまうと最終的に

壊してしまう恐れがありますので

必ず完全分解掃除・整備した後に

お試しください。


b0167617_1683559.jpg


今回は昭和初期の精工舎の腕時計を例に説明します。

腕時計には、ほとんどと言って良い位

向かって右側に「リュウズ」があります。

漢字では「竜頭」なんて書きます。


ゼンマイを巻くのは右手(右利き)が一般的だったからなのでしょう。

左利きのほうが多かったら、左に付くのが一般的になっていたんでしょうね。

左手で時計本体を持ち、右手でゼンマイを巻きます。

b0167617_1691016.jpg


人差し指の上に親指を添える感じです。

リュウズをつまみながら親指を手前から奥にスライドさせます。

カリカリカリ・・・

b0167617_1692733.jpg


ちなみに、奥から手前に戻すとき、カリカリと音はしていても

全く巻けていませんので注意が必要です。

手前から奥へ、てを離して再度手前から奥へ・・・・

と、この動作を繰り返します。

繰り返すうちに急に硬くなって巻けなくなるところまできたら

ゼンマイがいっぱいまで巻けた証拠です。

次に時間あわせをします。

リュウズを引き出すのですが、

指でつまんでそのまま引っ張り出すことはお止めください。

ちょっとした力のつもりでも

時計に対しては非常に強い力がかかりすぎてリュウズごと抜けてしまう恐れがあります。


b0167617_1695964.jpg


親指と人差し指の爪をすべりこませて

爪を支点にしてクイっと引き出します。

しっかりと引き出せたら、リュウズを回して針をゆっくり動かします。

b0167617_16101791.jpg


このときもゆっくりと針を動かしてあげてください。

早すぎると針が破損して外れてしまったりします。

時間を合わせたら、竜頭を押して元の位置に戻します。

b0167617_16103788.jpg


パチン!

これで完了です。

もし、お持ちの時計がゼンマイが巻けないとか、動かないなどありましたらば

当店トライフルへご相談ください。

修理は一点ずつ丁寧に、無料でお見積もりいたします。

定期メンテナンスも承っていますのでお気軽にご相談ください。



ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2014-04-20 10:43 | 時計の使い方

腕時計使用後のお手入れ方法

腕時計を一日使い終わった後に

お手入れをしていらっしゃる方は

意外に少ないかも知れません。

しかし、大切な腕時計を長持ちさせるための

方法のひとつとして

とても簡単で、しかも重要なことがあります。

それは・・・使い終わったら「拭いてあげる」ことです。

暑い季節には腕時計をはめていると

腕と時計の間に汗をかいてしまっています。

防水時計でしたらば

パッキンによって浸水を防いでくれます。

が、そこで防いでくれているだけで

皮脂汚れは乾燥してその場に残ったままです。

そのまま使用していくと、

知らず知らずのうちに裏側に汚れが堆積していきます。

堆積したままの汚れに、今度は汗や水分が染みこみ、

更に汚れが増殖していくことになるのです。

最終的には汚れがその他の物を侵していき

金属を腐食させて錆を誘発してしまいます。



雨が降っているときなどに腕時計を濡らしてしまうと

ちょっとのつもりでも

竜頭周辺に水滴が残ったままになっていることもあります。

そうすると、完璧なダイバーズウオッチならともかく

一般の腕時計であれば内部に湿気が侵入してしまいます。

腕にはめたときに内側ガラスが曇るようになったら、

既に水分が侵入してしまっていますので早めの手当てが必要です。

防水時計だといっても日々のケアは必要なのです。


雨の日に腕時計をご使用になられる際には

目視で濡れていなかったとしても

乾いた布等で拭いてあげてほしいです。

簡単なお手入れ方法をご紹介したいと思います。

b0167617_12503539.jpg


一日腕に装着した腕時計です。

b0167617_12504757.jpg


汚れていないように見えても、実は汚れていたりするのです。

お疲れ様でしたの意味を込めて・・・

b0167617_12505934.jpg


乾いた布で全体をゴシゴシ拭いてあげます。

b0167617_1253997.jpg


金属ベルトの場合にはバックル裏の縁などの

隠れた部分も汚れがたまりやすいので

重点的に拭いてあげましょう。

b0167617_12534696.jpg


ベルトの接合部分なども出来る限り拭いてあげましょう。

これだけでも、何もしないよりは遥かに良い状態を保てると思います。

時にはもう少し時間をかけて以下のような細かい部分も掃除したいと思います。

b0167617_12573784.jpg


拭き取るだけでは落ち切らない皮脂汚れなどを

使い古した歯ブラシなどで

ゴシゴシと磨いて汚れを落とします。

この時も濡らさずに、乾いた状態で作業しましょう。

特に腕時計本体とベルトの接合部分は綺麗なようで

実はけっこう汚れているものです。

b0167617_12594250.jpg


ベルトの接合部分なども裏表から丹念にブラシを掛けます。

b0167617_1304121.jpg


竜頭の付け根にも汚れは溜まりやすいので

ブラシを掛けます。

b0167617_131017.jpg


殆ど操作することが無いため

腐食して錆びてしまいがちなクオーツ腕時計などでもこの方法は有効です。

b0167617_1332352.jpg


表側のデコボコした部分も丹念にブラッシングします。

b0167617_133372.jpg


取りきれない部分は爪楊枝などでしっかり落とします。

b0167617_1342983.jpg


最後にもう一度仕上げに吹き上げて完了です。


スーツや靴を手入れするように

自動車やバイク、自転車を手入れするように

腕時計も手入れしてあげることで寿命も長くなりますし、

更に愛着も湧きます。

そうすれば結果的に長く愛用できると思いますので

ぜひ、お手入れしてあげてほしいなと思います。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2012-07-22 13:15 | 時計の使い方

Meiji明治時計の取扱説明書

明治時計の取扱説明書です。

b0167617_17435551.jpg


「時計は明治」と大きく書かれています。

多色刷りの豪華な説明書だと思います。

時計がとても高価な品だったということが、こういうところからも

うかがい知ることが出来ます。

内容は至って簡単なことが書かれているのですが、

初めて使う人にとっては大切なことばかりです。

時計が受け継がれていくものから

核家族化が進み、個々の家庭がそれぞれ準備するものへ変わり

たくさんの時計達が使われていった時代なので

使い方も伝え聞くことから説明書というものが必要になる時代へと

変わっていったのでしょう。

高価だったためにプレゼントの品として贈られることが多かったことも

説明書が必要になり始めた理由の一つかもしれません。

b0167617_17482386.jpg


鳴り止め機能の使い方や

時計本体の設置方法、ゼンマイの巻き方

移動の際の注意事項や

定期的なメンテナンスについてなどを簡潔に

分かりやすく記載されています。

b0167617_17484555.jpg


裏表紙には

なぜか時計の歴史年表が書かれています。

歴史年表にも当然

明治時計の歴史も書かれています。


明治時計といえば

掛け時計で見かけることが非常に多く

修理ご依頼でお預かりすることもしばしばあります。

形状も多種多様で

歴史の古さと生産本数の多さが分かります。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
 
平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2011-08-16 17:49 | アンティーク時計

掛時計を掛けるための木ネジの打ち方

昔の日本家屋には

必ず「柱」がありました。

掛時計はだいたいこの柱に釘を打ち付けて

そこに時計を掛けたものでした。

そのため、「柱時計」と呼ばれていたんですね。


しかし、現代の家には

建築構造上、この「柱」が表に出てこないことが多いため

「柱時計」にすることは難しくなっています。

今は壁のどこかに掛けるので「掛時計」ですね。

しかし、クロス貼りされた壁に釘やネジを打ち込むのは

ご自身のご自宅だとしても勇気がいるものです。

ましてや、賃貸物件の場合なおさらです。

当店でお買い上げいただいたお客様には

掛時計を掛けるための木ネジの打ち方をお伝えしているのですが

以外に困られている方が多いようなので

こんな方法もあるという一例で

今回、ご紹介したいと思います。

(注: 石膏ボードにクロス張り仕上げの壁の場合です。

そのほかの場合にはご相談ください。)



お客様の新居の壁でご説明させていただきます。

b0167617_17483041.jpg


居間の壁です。

新築なのでとても綺麗です。

汚さないように慎重に作業開始です(汗)。

現代の住宅の場合、だいたいが45センチ間隔で筋交いが入っていますので

それを止めている釘を避けなければいけません。

b0167617_1845997.jpg


こんな簡単な道具もありますが、

壁をコンコンと叩いて、裏に筋交いのないところに

木ネジを打ち込むということでもいいと思います。

次に、ネジを外した時に出来るだけ跡が目立たなくするための

下準備をします。

クロスにカッターナイフで切込みを入れます。

b0167617_1865776.jpg


十字に切込みが入っているのが分かりますでしょうか?

b0167617_1875310.jpg


今度はその切込みからカッターナイフの先端を利用してクロスだけを丁寧にめくります。

b0167617_188426.jpg


めくったあとはこんな感じです。

b0167617_1893951.jpg



めくったところに木ネジを打ち込みます。

うまく木ネジが打てるか心配な場合にはキリ等で

軽く下穴を開けておくのも良いと思います。

b0167617_18113465.jpg


慎重にゆっくりと締めこんでいきます。

壁に平衡ではなく、若干上向きに打ち込むのが良いです。

b0167617_18222777.jpg


クロスはめくってあるので穴は目立たないように補修することが出来ます。

b0167617_1813366.jpg


打ち込んだ木ネジがしっかり固定されていることを確認したら完成です。

これでよほどの大型時計ではない限り大丈夫だと思います。

当店では「皿 木ネジ 3,8ミリ×25ミリ」を使用しています。


設置に自信がない方は当店で取り付けも承っていますので

お気軽にお問い合わせください。



ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2010-01-16 18:25 | 時計の使い方

クオーツ時計の電池交換承ります

西荻窪南口にある

当店トライフルは古いモノいろいろな店です。

メインはやはり古い時計達です。

古い時計の修理もしています。

が、古い時計ばかりではありません。

新しい時計の修理もします。

クオーツ時計の電池交換だってお任せください。

ということで電池交換の作業内容のご説明を。


よくあるのは、「その場で電池交換します」というもの。

それもそのはず、裏蓋をパカっと開けて古い電池取り出して

新しい電池入れて蓋を閉めるだけですから。

これは非常~に怖いことです。

内部にごみや埃が進入したままになる恐れが大きいです。

内部に侵入したごみや埃が内部で動いて回路を壊して

動かなくなるというパターンですね。

当店では基本的にはお預かりして以下の作業をしてから後日お渡ししています。


お客様からお預かりした時計を参考に説明させていただきます。

b0167617_1891744.jpg


裏側もけっこう汚れちゃってますね~。

毎日使えば仕方ありません。愛用されている証拠です。

当店ではなるべくお預かりして、中にゴミが入らないように

まず裏蓋の縁周りの汚れ落としからはじめます。

綺麗になったところで蓋を開けます。

b0167617_1893116.jpg


おー!まるで一度も掃除をしていなさそう!

蓋の内側や縁にも汚れがびっしりです。

中にも進入しちゃってました。ぎりぎりセーフといったところでしょうか。

縁は残念ながら腐食して若干でこぼこしています。

完全には取りきれませんが、汚れを最大限取り除きます。

防水パッキンの上にもよごれがびっしりでしたので、

以前の電池交換された店では掃除はされていなかったことが分かります。

よくぞ無事で動いていたものです・・・。

b0167617_1894761.jpg


地道に汚れを取り、こびりついたものは慎重にこそぎ落とします。

なんとか汚れは落ちました。(腐食は仕上げて再メッキするしかありませんので

ここまでしか出来ません。こうならないためにも掃除は重要です。)

パッキンに防水シリコングリスを流布して、電池を交換します。

b0167617_1810129.jpg


最後にほこりが進入しないようにエアーで飛ばして慎重に裏蓋を閉めます。

簡易磨きをして完成です。

b0167617_18102454.jpg


b0167617_1811666.jpg


ここまでやって1000円です。

(機種や電池の個数で多少の変化はありますが、格安であることには違いありません)

他の店でパカッ、交換、パチンでも1000円ですから大サービスです。

なによりも、ちゃんとすれば安心して長く愛用することができるんですから

電池交換も侮れません。

皆さんに「また見ちがえるように綺麗になった」と喜んでいただいています。

クオーツ時計にも長く愛用できる秘訣があるんだなあって思います。

電池交換もぜひお気軽に当店トライフルでどうぞ。

待つ価値はきっとあります。
by a-trifle | 2009-09-11 18:22 | 時計修理

柱時計・掛け時計・振り子時計の使い方(改訂版)

初めて「ゼンマイ式柱時計(掛時計)」をお使いになる方へ・・・

ゼンマイ式柱時計・掛け時計・振り子時計の使い方のご説明を。

注 

以下の説明は

内部機械を完全分解掃除・整備がされていることが

前提の使い方です。

未整備で動作させてしまうと最終的に

壊してしまう
恐れ

(止まってしまう、ゼンマイが切れるなど)

がありますので

必ず

完全分解掃除・整備した後に

お試しください。



分解掃除やメンテナンスがしっかり施されている時計が

止まってしまう、進む等の原因は一番多いのは

時計の設置角度です。

水平、垂直、安定した設置場所が重要になります。

b0167617_17511680.jpg


まず最初に時計本体を壁、柱など安定する場所

時計本体がお辞儀した状態や、そりあがった状態にならないように

壁面に対して垂直になるようにぴったりと掛けます。

ぐらぐらして不安定だったり、針金などを使って

フックに掛けて、ぶら下げた状態で水直が巧く出せない状態の場合、

この後の作業をいくら試しても

満足に動かないばかりか、時計を壊してしまう原因になります。

些細なことで時計は快調にも不調にもなりますので

しっかりと取り付けしてあげましょう。


しっかりと壁に掛けて、安定していることを確認したら、

振り子を確実に取り付けます。

引っかけ部分が確実でないと不調の原因になります。

意外に見落としがちなチェックポイントです。

次は、後ろに見えているゲージの中心と

振り子の下の棒がぴったり合っているかを確認しましょう。

ここまで出来てからゼンマイを巻きます。

b0167617_17514043.jpg


文字盤を見ると向かって右側時間用のゼンマイです。

左側ボンボン(時打ち)用のゼンマイです。

一般的な時計のほとんどは

右側は時計と反対回りにゼンマイを巻き、

左側は時計回りにゼンマイを巻きます。

高級品や特殊なものによってはどちらも同じ向きに巻く

というものもごく僅かですがありますので注意が必要です。

b0167617_1752455.jpg


また、画像のように3箇所穴があいているものもあります。

これは15分おきにチャイムが鳴る時計のためです。

有名なのはウエストミンスター式です。

日本人でしたらば、「学校のチャイム」といえば

あ~、あの音!ときっと納得してもらえる音です。


ゼンマイに話を戻しましょう。

ゼンマイは専用の鍵で巻きます。

b0167617_17522871.jpg


こんな鍵です。

しっかりと差し込まれたことを確認したらゆっくりと巻いていきます。

ガリガリ早く巻くのではなく、いたわるようにゆっくり、です。

b0167617_17531385.jpg


右は時間用





b0167617_17533195.jpg


左はボンボン用

巻いていくと急に硬くなったところがいっぱいまで巻けた証拠です。

次に時間あわせです。

時計の針を持ってゆっくりと時計回しに針をゆっくり進めます。

絶対に反対回しにはしないでください。破損してしまいます。

ジャストのところで必ずボンボンを鳴らしてから(時計によっては30分のときも)

音が鳴り終わったのを確認してから針を進めます。

b0167617_17535940.jpg


ここから





b0167617_17541469.jpg


ジャストで音を鳴らして・・・





b0167617_17543225.jpg


鳴り終わったら針を進めます。

もし、ジャストの時に鳴る音が正しい回数鳴っていないときには

下部にある針金のようなレバーを押し(時計によっては引き)ます。

b0167617_17545539.jpg


順番に回数分鳴りますので調整しましょう。

最後に振り子を振ります。


振り子もゆっくり振ってあげないと壊れてしまいます。

勢いよくぶんぶん振っちゃう方がいますが、

これは時計を壊してしまう原因になりますので

止めましょう。




b0167617_17562473.jpg


ちょっと横に持っていきつつ・・・






b0167617_175639100.jpg


そっと手を離せば・・・

ほら、動き出しました。

あとは振り子の「コチコチ・・・」音が正確に刻んでいるかを確認します。

コチコチ音がリズミカルに左右均等になっていればOKです。

もし、どちらか一方が強くなるような

ずれ気味の場合には耳で音を聞きながら

本体をどちらかに少しずつ傾けて微調整します。



整備された良い機械はちょっとした動作で元気に動きます。

ご自宅で長年使われた時計で、調子が良かったのに

最近極端に遅れてくるようになったとか、

ゼンマイをいっぱいに巻いても動かないとか、持ちが悪くなったとか

勢いよく振らないと止まってしまうというようでしたらば

設置位置の再確認をしてみて、

それでもダメな場合には

機械がお疲れ模様・・・そろそろ整備の時期です。

目安としては2,3年に一度は定期整備することをお勧めします。



また、汚れたまま安~く売られている古時計は要注意です。

「動くよ~」なんていわれたとしても、未整備だから安いのです。

(そんな時計の整備もお任せください。)

当店トライフルで整備を承っていますので

お気軽にご相談ください。

その他、使い方等で分からないことがありましたらば

他店でご購入の時計でも遠慮なくお気軽に

ご質問ください。

ゼンマイ式時計を楽しみましょう!



ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2009-07-29 18:20 | 時計の使い方

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30