トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

掛時計の止めネジ

昔は時計は柱に掛けたので「柱時計」という呼び名も

自然なことだったのでしょう。

現代の家は建築方法の違いもあり、

柱が見当たらないのが普通になってきています。

古民家再生住宅などや、古来の建築方法で建てられた家の場合には

やはり柱に掛けるように収めることが多いのですが、

2×4建築の場合、壁掛け仕様がほとんどです。

なにせ、柱が見当たりませんから。

「掛け時計」と呼ぶのが自然でしょうね。




比較的新しい年代(といっても40年以上前ですが)の掛時計に

付属品として入っていたような袋入りのネジが見つかりました。

b0167617_1845469.jpg


掛ける所用の長いものと

時計が傾かないように下側を固定する短いものが入っています。

イラストから察するとトランジスタ式の時代のもののようです。

掛け時計は傾きにとても敏感なので重要な部品です。
# by a-trifle | 2009-06-29 18:51 | アンティーク時計

ブローバ アキュトロンの専用工具

時計好きな方にはすぐに分かると思う工具も

知らない人が見ただけでは何に使うか分からない工具っていうのがあります。

これ、何に使うかわかりますか?

b0167617_19512117.jpg










答えは電池交換に使う工具です。

後ろにマイナスネジの大きい溝があって、

そこにぴったり合うように作られています。

コインでも代用できるのですが、コインだとどうしても

傷が付きやすいのです。

ちなみに日本のお金では厚みがありすぎて代用できません。

海外の小額コインしか使えません。

日本製の時計は当然ながら日本のお金を使えるような仕様になっています。

溝がちょっと幅広なんです。
# by a-trifle | 2009-06-28 19:52 | アンティーク時計

昭和初期の腕時計たち

昭和初期の腕時計たちです。

b0167617_13503987.jpg


輸入品の時計も関税などの理由から機械だけを輸入して

ケースは日本で組み付けて販売していたようです。

時計の一般普及が始まったころなので金無垢や銀無垢といった

高価な仕上げのものはあまりありません。

当時は時計本体の材質もそれほど良いものがなくて

今のようにオールステンレススチールというものは滅多に無くて

良くて裏蓋がステンレス、表面はニッケルメッキされていたものがほとんどです。

文字盤は琺瑯仕上げ(ポーセリンダイアルとか言います)から

金属に文字転写というスタイルが始まった頃なのでどちらの仕様も混在していたようです。

個人的には真っ白に黒い文字の焼き付けてある琺瑯文字盤仕上げが好きです。

汚れても掃除をすればいつまでも輝きを取り戻します。

時間の正確さよりも動かして身に着けて楽しむといった時計ですね。


状態が良いものもストックしていますので

当時の映画やドラマなどの撮影用小道具の貸し出しでもよく利用されます。
# by a-trifle | 2009-06-27 13:52 | アンティーク時計

ナショナル製の小型扇風機

今日も暑いですね。

もうそろそろ扇風機の活躍する季節です。

ナショナルの小さな扇風機です。

b0167617_15555790.jpg


直径が25センチの可愛い大きさです。

青いプロペラがくるくる回るのがレトロ感たっぷりで素敵です。

スイッチは背中にONとOFFの単機能。

軽いので部屋の中で持ち運びも楽ちんです。

後ろの右側はナショナル製ミシン専用の収納付きの椅子なんです。

ナショナルなのでNのマークの透かし入りです。
# by a-trifle | 2009-06-26 15:59 | いとおしいモノ達

東京芝浦電気の手ぬぐい

今日はとても暑い一日でしたね。

暑い中、汗だくになって旧い物買取りのご依頼のお宅に仕入れに出かけていました。

で、今回は時計とは関係ないものを・・・。

b0167617_19282078.jpg


東京芝浦電気(東芝)の手ぬぐいです。

当時の憧れの文化的な電気製品がたくさん染めこまれています。

今見ると、アンティークな品が勢ぞろいといったところです。
# by a-trifle | 2009-06-25 19:30 | いとおしいモノ達

時計のヒゲゼンマイの包み紙6

ヨット印のヒゲゼンマイの包み紙です。

b0167617_20193577.jpg


以前に同じメーカーのものを紹介しましたが

これは、1個包装のスペシャル版です。

高級仕上げだったのでしょうか?

価格もちょっと高めだったのかもしれません。
# by a-trifle | 2009-06-24 20:20 | アンティーク時計

腕時計の裏蓋「Lunaris」

昔の時計は随所に素敵な部分があります。

Lunaris」というスイス製時計。

この時計の裏蓋には

ロケット?が刻印されています。

b0167617_18402136.jpg


横(縦?)にすると・・・

b0167617_18412769.jpg


こんな感じです。

アポロ11号が月に着陸したころの製品なのでしょう。

宇宙への憧れやロケットという未来の乗り物が

きっと皆に魅力的だったに違いありません。

どんな時計だったんでしょうね?

残念ながら裏蓋だけしかなくて、時計本体がありません。

裏蓋だけで想像するしかありません。
# by a-trifle | 2009-06-23 18:42 | アンティーク時計

シリンダー脱進機のアンティーク懐中時計修理

現在お預かり中のシリンダー脱進機の懐中時計です。

b0167617_1859574.jpg


よく、古くからの職人さんはこの方式の機械を「シリン」と読びます。

アンティークの懐中時計ではよく見かける方式なのですが

整備を完全にしようとすると、期間も費用も途方も無いことに

なりかねません。修理も非常に大変だったりします。

それでもいいから、いくらかかっても良いから・・・

とおっしゃられる場合には精一杯作業させていただきますが、

お客様のご都合もありますし、なかなかそういうわけにもいきませんので

最小限で最大限の効果を生むように

人間で言えばもう、おじいちゃんを出来るだけ長生きしてもらえるような

処置を施すことになります。

裏側の機械が見える部分にもとっても薄いガラスが入っているのですが

お預かりしたときには亀裂が入っていて、そのままだと危険な状態でした。

偶然同じ寸法の当時のものが見つかりましたので

安全にお使いいただけるように交換しました。

b0167617_1902470.jpg


本日ほぼ修理完了ですが、

もう暫く様子を見て調整後にお渡しすることになると思います。

T様、もう暫くお待ちくださいね。
# by a-trifle | 2009-06-22 19:01 | 時計修理

時計のヒゲゼンマイの包み紙5

インディアン印のヒゲゼンマイです。

b0167617_15491866.jpg


当時、そっくりなロゴマークと名前のオートバイがありました。

アメリカで一番古いバイクメーカーです。

アメリカのハーレーダビットソンがライバル会社でした。

インディアンバイクのほうは大正時代の日本で「赤バイ

(白バイの前身ですね)として活躍していたようです。

まあ、恐らくオートバイのほうが先で

ゼンマイのほうは全く違う会社が名前とロゴだけ拝借したのでしょう。

当時はよくあることだったようです。

現代だったらきっと大変ですね。

インディアンさんの肖像画も妙にリアルで不思議です。
# by a-trifle | 2009-06-21 15:51 | アンティーク時計

J-WAVE Time for brunch西荻窪!

お知らせです!

6月21日(日曜日)朝11時40分から12時30分

J-WAVE 「Time for brunch」で

西荻窪お散歩編が放送されます。

西荻窪のいろいろなおもしろスポットが

紹介される(らしい?)です。

収録の様子はこちらで。
# by a-trifle | 2009-06-20 23:59 | お知らせ

セイコー エンゼルフィッシュのタグ

防水時計には

海の生き物の名前を冠した時計があります。

セイコーの時計にもそのようなモデルがあります。

そのなかの一つ「セイコー エンゼルフィッシュ」です。

b0167617_1418317.jpg


これが当時、商品についていたタグです。

可愛く、ゆらゆら泳ぐという意味でもいい名前だったと思います。

セイコー ファッションというレディース腕時計をベースに

防水仕様にした時計だったようです。

当時のレディース腕時計は小さい上に高性能なモデルが多いのです。



この時計が発売された当時・・・

ちょうど私の子供の頃、「熱帯魚を飼う」というのはステータスであり、

ちょっとしたブームでもありました。

友達の家ではエンゼルフィッシュを飼っていました。

餌のあげかたと温度管理でうまく育てるとかなり大きくなるのですが、

友達の家のエンゼルフィッシュはうまく育てられたので

大きな水槽の中で大きな体を優雅に泳がせていたのを思い出します。

さすがに「可愛い」というよりは、かなりの力強さを感じたものです。
# by a-trifle | 2009-06-20 14:20 | アンティーク時計

セルロイドの時計部品皿

三角形をした時計の部品皿です。

b0167617_17325257.jpg


古い物は画像のようなセルロイド製ブリキ製

最近ではプラスチック成型されたものが使用されています。

この皿は時計材料店のノベルティーだったらしく、

まわりにいろいろと文字が入っています。

どんな風に使うかというと・・・

こう持って・・・

b0167617_1733764.jpg


こうやって入れると・・・

b0167617_17331939.jpg


小さな部品が散らばってしまったり、落ちたりしません。

ちょっとした道具ですが、とても便利です。
# by a-trifle | 2009-06-19 17:34 | 時計修理

セイコー特殊時計開発物語

本日、当店トライフル営業中にふらっと立ち寄られたお客様。

出ガンギの時計がお好きだという話。

お話をお伺いしているうちに

これを差し上げましょう、と一枚の紙をいただきました。

b0167617_16411853.jpg


セイコー特殊時計開発物語」という本の紹介の記事でした。

その記事を見て、よ~く思い出してみると・・・!

まさに著者の徳永幾男さんご本人ではないですか!

驚きました。

セイコーの時計の歴史を語る上で外すことのできない

非常に重要な開発をされた方です。

世界のセイコー」を創られた中のお一人です。

開発の裏話など、開発者さんからしか聞けない貴重な話ばかりです。

ワールドフォトプレスから2800円で好評発売中です。

ワールドフォトプレス MONOオンライン  http://www.monomaga.net/wpp/shop/ProductDetail.aspx?sku=819970

好評すぎて書店さんによっては売り切れているようなので

なかなか見つからないかもしれませんが

頑張って探してみましょう。

・・・・・

いやあ~、しかし驚いた。
# by a-trifle | 2009-06-18 17:04 | アンティーク時計

時計のヒゲゼンマイの包み紙4

ニワトリと王冠の印です。

b0167617_20192947.jpg


ニワトリ2羽が堂々としております。

コケコッコー!と鳴いているようにも見えます。

ニワトリ=正確というような意味でしょうか?

絵本の挿絵のような可愛いデザインです。
# by a-trifle | 2009-06-17 20:22 | アンティーク時計

自動巻き腕時計の取り扱い方

資料の中からこんなものが。

b0167617_1902793.jpg


自動巻き腕時計の取り扱い方

1960年代から70年代、セイコーが発行したものです。

裏は英語版表記になっています。

発売当時、自動巻きの使い方が分からないお客様が

「動かない。(止まった!)不良品だ!」

と、たくさんのクレームがあったようです。

確かに初期の自動巻き機械はゼンマイの巻上げ効率も

それほど良くなかったり、巻き上げ機構も試行錯誤の

続いていた頃なので、余計に混乱したことでしょう。

セイコーの自動巻きの場合、

最初は手巻きと自動巻きの併用、

その後自動巻きのみ(巻き上げ効率が劇的にあがったため)、

しかし、このときも手巻きが出来ないとクレームが来たそうです。

そもそも、そういうモデルは手で巻きずらいように

竜頭がちょっと内側に隠れているデザインだったのですが

その意図がしっかりと理解されていなかったんでしょうね。

巻くときは図のようにゆっくりと振ってあげるといいですね。

間違ってもガンガン激しく叩く様にしないであげてください。

最悪の場合、壊れますので。

自動巻き時計の手巻き機構も、あくまで補助的なものなので

頻繁に行うのは避けましょう。

機械にはかなりの負担がかかりますので。



もし、動かなくなってしまった故障の修理や分解掃除のご用命がありましたらば

当店トライフルにご相談ください。
# by a-trifle | 2009-06-16 19:03 | アンティーク時計

柱時計の巻き鍵4

柱時計の巻き鍵の4本目です。

b0167617_19012100.jpg


この鍵を見る度にカエルを想像してしまいます。

梅雨時にぴったり?
# by a-trifle | 2009-06-15 19:01 | アンティーク時計

1960年代 ナショナルの時計

ナショナル製の電池時計です。

b0167617_17543543.jpg


松下電器、今ではパナソニック。

1960年代の素敵なデザインの時計の一つです。

前面プラスチック製、横板は木製に塗装されています。

当時から見た「未来」をイメージした時計だったんでしょうね。

下の部分だけクローズアップすると・・・

b0167617_1755624.jpg


SF映画にでも出てきそうです。

フルオーバーホールで絶好調に動いています。
# by a-trifle | 2009-06-14 17:58 | アンティーク時計

6月14日フライヤーズカフェ+ラジオ

先月も書きましたが第2週目はフライヤーズ・デザインさんの

フライヤーズ・カフェが西荻窪北口「+CAFE(タスカフェ)」で開催される日です。

今月は日曜日1日だけの限定開催。

で、今回6月14日(明日の日曜日です)のフライヤーズ・カフェには

当店トライフルのラジオをお貸しします。

b0167617_1614850.jpg


店内で真空管ラジオから流れる音をお楽しみください。

時計達も、もしかしたらちょっとだけ参加予定?です。

フライヤーズ・カフェは12時から17時までの営業です。

今回はトーストのバリエーションが楽しめるそうです!

個人的にはあんバターが気になります(笑)。

+CAFE               http://tasucafe.sblo.jp/

フライヤーズデザイン       http://www.flyers-design.com/

フライヤーズデザインのブログ  http://blog.flyers-design.com/
# by a-trifle | 2009-06-13 16:29 | お知らせ

精工舎 目覚まし時計

精工舎の目覚まし時計です。

b0167617_13394922.jpg


現在のセイコーですね。

通称「ヘソ形目覚まし」「ヘソ目」などとよばれています。

古くは明治時代から作られていますが

こちらの時計は昭和初期のものだと思われます。

b0167617_13401835.jpg


文字盤は厚紙製です。

もともとは真っ白だったのでしょう。

時代を経て茶色く変色しています。

ガラスも古い当時のゆらゆらガラスです。

内部も完全分解掃除、調整をしましたので

おじいちゃん時計ながら元気に時を刻んでいます。

b0167617_13414750.jpg


裏の刻印もいい雰囲気です。
# by a-trifle | 2009-06-13 13:43 | アンティーク時計

テレビ朝日「easy sports」

昨日と今日、

テレビ朝日「easy sports」

(毎週月曜日から金曜日午後8時54分から放映)

撮影が当店トライフルで行われました。

西荻窪界隈をモデルの高橋京子さんが走りますよ!

高橋 京子さんのブログです

 http://www.elite-tokyo.co.jp/blogs/keikotakahashi/


和気あいあいの楽しい雰囲気の中、てきぱきとした指示のもと

スタッフの方々によって撮影は進められていきます。

店内ではまたしてもガチガチなワタシも撮影されています(汗)。

え~・・・ワタシの部分は恐らくカットです(笑)。

で、主役の高橋京子さん登場!

う~ん、カワイイです。

ランニングウエア姿も似合ってます。

撮影終了したあとに

当店トライフルで販売している地サイダーをみなさん

召し上がっていかれました!

b0167617_15393867.jpg


カンパーイ!

今日は暑い中、皆さんお疲れ様でした。

テレビ朝日「easy sports」

 http://www.tv-asahi.co.jp/easy-sports/index_top.html


西荻窪 6月29日(月曜日)から7月3日(金曜日)午後8時54分から放送

当店トライフル7月2日(木曜日)

放映予定だそうです。
# by a-trifle | 2009-06-12 15:58 | お知らせ

ラビットスクーターの灰皿

本日、ピッカピカの山口ベニー号に乗って

西荻窪北口の駱駝(ラクダ)さんがいらっしゃいました。

b0167617_18191493.jpg


状態の良い和箪笥といえば駱駝さんです。

いつもお世話になっています!

で、本日はとっても素敵な品を分けていただきました!

ラビットスクーターの灰皿です。

b0167617_18202452.jpg


ラビットスクウターになっちゃってます。

b0167617_18205567.jpg


バイク店の販促品のようです。

バイク店で使っていたものかも?店のオヤジさんが使ってたら絵になりそうです。

店の電話番号はなんと3ケタ(!)です。

時代を感じさせます。

ブタさん達と一緒にディスプレイしてみました。

b0167617_18211192.jpg

# by a-trifle | 2009-06-11 18:29 | ラビットスクーター

ブローバ アキュトロン

資料の整理をしていたらこんなパンフレットが出てきました。

b0167617_18284827.jpg


ブローバ・アキュトロン

中は解説書になっています。

グラフィック・デザインが素敵すぎます。

b0167617_18292275.jpg


こういうの大好きです。

Tシャツにでもしちゃいましょうか?

b0167617_1829421.jpg

# by a-trifle | 2009-06-10 18:31 | アンティーク時計

アンティーク懐中時計のガラス1

昭和初期の懐中時計用のガラスです。

b0167617_19312352.jpg


時計用語(?)では「風防」とか言います。

現代でもガラス製の風防はありますが、

厚いガラスを面取りしているものばかりです。

クリスタルガラスとかミネラルガラスとか・・・

もう少し時代が古いとプラスチック製のドーム型が主流でした。

もっと前はというと

本物の手作りの薄いドームガラスなのです。

(ブルズアイなんていう厚~いガラスもありますが)

アンティーク時計でも、ほとんどはこのガラス風防が

入手困難なためにプラスチック製に交換されています。

実際に使用する場合にもプラスチック製のほうがラフに扱えますし。

でも、当店トライフルでは当時の時計には当時のガラスを!と、

販売している時計達も修理の際も出来る限り本物の当時のガラスを使っています。

但し、サイズがコンマ数ミリ単位で恐ろしく多種のバリエーション、大きさが

あるので、なかなかぴったりということは難しいです。

探すのも一苦労です。

その、当時のガラス風防には探し易いようにサイズラベルが1枚1枚貼られているのです。

当時の職人さん、凄すぎます。

ラベルのデザインも多種多様です。

これは表は時計を図案化したもので面白いです。

b0167617_19303159.jpg


裏はといえば・・・

なぜかお相撲さんが。

b0167617_1931529.jpg


当時の人気力士か何かでしょうか?
# by a-trifle | 2009-06-09 19:35 | アンティーク時計

J-WAVE Time for brunch 6/21

当店トライフルが取材を受けました!

J-WAVE で毎週日曜日朝11時40分から12時30分に放送している

はなさんがナビゲーターの番組「Time for brunch」です。

西荻窪の街をはなさんが散歩しながらいろいろな場所を紹介してくださるそうです。

6月21日の日曜日に放送らしいです。

b0167617_1747517.jpg


レトロな地サイダーを楽しんで行かれました。

取材のときは毎回緊張してガチガチですが、今回も例に漏れず(笑)ガチガチでした。

はなさん、可愛い~とか思ったら更にガチガチ(笑)。

もしかしたら編集でワタシの声は削除(笑)かもしれませんが(可能性高し!)、

是非6月21日の朝11時40分からJ-waveを聞いてみてください!

地サイダーを楽しみたい方は是非当店西荻窪のトライフルへいらしてください。
# by a-trifle | 2009-06-08 17:50 | お知らせ

シチズン三つ星のタグ

当時、時計店で販売するときに

プライスタグと一緒に取り付けられていた商品タグです。

これは戦後の最高峰でもある

通称シチズン三つ星のタグです。

b0167617_14454711.jpg


当時、セイコー初代ロードマーベルと肩を並べる高級品

とされていますが、ほとんど見ることが出来ない幻の時計です。

時計本体が幻ですので、タグなどは更に幻です。

b0167617_1446858.jpg


本来捨てられてしまう運命のモノですから。

裏側には日本製ということが誇らしげに記載されています。

機械は「赤キカイ」と呼ばれる綺麗な仕上げが施されていて

当時の職人さんの腕の集大成といった力の入った時計です。

時計本体はまたの機会に紹介したいと思います。
# by a-trifle | 2009-06-07 14:48 | アンティーク時計

パテックフィリップCal.27のオーバーホール

パテックフィリップCal.27のオーバーホールです。

b0167617_1722298.jpg


美しい機械です。

眺めているだけで惚れ惚れしますね。

秒針、時針、分針のみのシンプルなモデルですが

長く愛用するならばこんな時計に行き着くのかもしれません。

定期的なオーバーホール(分解掃除)をされているので

状態もとても良いです。

パテックフィリップのオーバーホール(分解掃除)・修理も

当店トライフルで承っていますのでお気軽にご相談ください。
# by a-trifle | 2009-06-06 17:26 | 時計修理

ロレックス GMTマスター 腕時計修理

ロレックスGMTマスターの修理依頼です。

b0167617_14143066.jpg


以前に他店で修理されていて、しばらくしたらすぐに調子が悪くなったとの事。

内部を確認したところ・・・

b0167617_141466.jpg


酷く汚れています。

以前の店の修理はどのように行われていたのでしょうか?


当店トライフルに修理依頼に訪れる方の多くは他店で修理経験がおありで、

しかも以前の他店の修理内容に不満をお感じになられています。

これはとても残念なことです。


当店では出来る限りお客様のご希望に沿った作業を心がけています。

やはり、価格だけではなく、長い目で安心できるところで修理されたほうがいいと思うのです。

偏磨耗もしているようなので当店トライフルでは徹底的に整備しましょう。

価格は出来る限り抑えて、内容はしっかり、そしてお客様には

出来るだけ長く愛用していただけますよう頑張っております。

あとは、2~3年に一度のメンテナンスをお忘れなく。

そうすることによって時計の寿命が格段に伸びます。

最近はロレックス、オメガ、IWCの修理のご依頼が多いようですが

セイコー、シチズンその他の腕時計、懐中時計・・・柱時計や目覚まし時計など

どんな時計の修理・メンテナンスも承りますので

お気軽に当店トライフルまでお問い合わせください。

腕時計修理、懐中時計修理、目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
大きな時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼(他店で断られたものでもOK)・新居や新生活で古時計をお探しの際には西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも承っています。

古いモノの買い取りも随時受付中です。

お気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-6765-7690 
 
平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時
不定休



twitterはじめました。ここをクリック!

















.
# by a-trifle | 2009-06-05 14:29 | 時計修理

時計のヒゲゼンマイの包み紙3

女性の横顔のラベルです。

b0167617_2085470.jpg


ギリシャ彫刻のような顔立ちですね。

縁取りまで細かく図案化されています。
# by a-trifle | 2009-06-04 20:09 | アンティーク時計

セイコー ソノーラ

電池の力で動く時計です。

磁力の作用で連続運転しています。

今回はメジャーブランド

セイコー製の紹介です。

b0167617_18485882.jpg


名前はソノーラ。

息の長かった人気シリーズだったようで

未だに使っているご家庭もあると思います。

初期のモデルは「モダンさ」や「未来っぽさ」を

全面に出したデザインの面白いものがありますが

後期は完全実用に方向付けされていたようなので

おとなしい、悪く言えば面白くないデザインに

なってしまっています。

クリーム色のボディー造形も素敵です。

振り子(と言って良いものか分かりませんが)が

ゆらゆらと左右に静かに揺れているのは

やっぱり、昭和から見た未来っぽいですね。

昭和レトロなインテリアにあわせると良いと思います。


長期間メンテナンスしていないと突然動かなくなりますが

当店トライフルでは修理も承っておりますので

お気軽にご相談ください。
# by a-trifle | 2009-06-03 18:52 | アンティーク時計

マツダ電気時計

昭和初期の僅かな期間に

コンセントから電気を使ってモーターを

動かす構造の「電気時計」というモノがありました。

b0167617_19442446.jpg


マツダ電気、現在の東芝ですね。

電球などは結構マツダマークのデッドストックが見つかったりします。

時計は珍しいですよ。

特にこのデザインは秀逸です。

b0167617_19444181.jpg


構造は簡単なのですが、大人の事情で

そのままですと安全性に問題アリなので

内部は現代の新品に交換してあります。

針の動きは同じようにスイーっと動くように

しっかり再現してありますので雰囲気は損ねていません。

文字盤はアールのついたセルロイド製です。

時計の針も全て同じアールにカーブしています。

当然ガラスも微妙な曲率でカーブしてるんです。

そんな芸の細かさをぜひ味わってみてください。
# by a-trifle | 2009-06-02 19:50 | アンティーク時計

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30