トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ラビットスクーター( 9 )

ラビットスクーターの鍵にアクセサリーを付けました

久々に当店営業車の

ラビットスクーターのことを書こうと思います。

とはいっても、鍵に付けるアクセサリーのことです(汗)。

キーホルダーに鍵だけ付けていたのですが

やはり、ちょっと味気ないなあと思っていたのです。

b0167617_1436540.jpg


画像真ん中のアクセサリーは

当店でも時計パーツアクセサリー作品を販売させていただいている

Silver Starさんに製作していただいたもの。

内部は透明樹脂ですので、パーツたちが空中に浮いているような

不思議な仕上がりです。

内部ではウサギがはねています。



画像左上は、年号入りアルミ製タグになります。

実はこれ、当時に犬の予防接種を済ませた証明のタグなんです。


年号が入っていますので、

当店のお客様は誕生年などで選ばれる方が多いです。


今回は、乗っているラビットスクーターの生まれた年の

タグをつけてみました。



ウサギ柄は受注生産になりますのでご希望の場合には

お問い合わせください。

年号入りタグは店頭にて販売中です。

昭和30年代位から50年代位まで各種在庫あります。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2013-04-08 14:55 | ラビットスクーター

ホンダ ベンリイ CL125

先日、お客様がホンダ ベンリイ CL125に乗っていらっしゃいました。

b0167617_1534487.jpg


外から旧車の音がするといつもワクワクしてしまいます。

今回も、いい音だなあと思っていたところ

当店前に止まったのでとても嬉しかったです(笑)。

早速写真を撮らせていただきました。

b0167617_1535422.jpg


フロント周りがとても好きです。

b0167617_15352029.jpg


アップマフラーも当時のまま、

とても綺麗です。

タイヤも当時のままらしい(!)です。


b0167617_15353673.jpg


当店のラビットスクーターS301と一緒に。


撮影しながら外で話していると

通りがかりのおじさまも懐かしがられて

暫く旧車談義となりました。

当時のお話をされているおじさまの目は

キラキラ輝いていました。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
 
平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時
(しばらくの間
16時以降のご来店の場合にはご連絡ください。)
不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2011-04-06 15:38 | ラビットスクーター

小澤征爾氏「ボクの音楽武者修行」

先日、ラビット仲間と

ある日本人が昭和30年代に

ラビットスクーターで海外に旅をしていたという話になり、

しかも、その物語をテレビ東京でテレビ番組になるらしいということで

その当時の車両をラビット関係者が各方面で探していたらしいのです。

資料も乏しく、時間も無い中で

なんとか間に合ったようで、昨夜放送されていました。

(私も出張修理の帰り道で見ることはできませんでしたが・・・)

正月に実家に帰省した折に父に何気なく

そんな話をしていたら、こんな本を父の本棚から持ってきました。

b0167617_175691.jpg


「小澤征爾 ボクの音楽武者修行」です。

ラビットスクーターで旅をしたのは

今では偉大な指揮者である

小澤征爾氏だったのです。


父が若かりし頃に東京山野楽器で購入したレシートまで

中に残されていました。

父もその昔、音楽や絵を志していたようなので

きっと、夢と現実の狭間で当時を生活していたんだろうと思うと

なんだか不思議な気持ちです。

もし、父が当時この本を読んで海外に飛び出して行っていたとしたら・・・

確実に私はここにはいなかったと思います(笑)

b0167617_175416.jpg


戦後の混乱期に

きっと色んな出会い、ご縁、

チャンスが重なっていたのかもしれませんが

音楽を志して

しかも海外へ飛び出していくということが

どんなに難しいことだったのかは

現在から考えれば想像以上だと思います。

b0167617_1775925.jpg


それを成し遂げたということも素晴らしいですが、

きっと人知れない努力や苦労もあったはずです。

それを感じさせない、読んでいるとワクワクさせてしまう

この本は、当時夢を持った若者が

希望を持つことができたに違いありません。


ラビットスクーターを貸し出した当時の社長も素敵だと思います。

他にも数名の無名であった夢を持つ若者に、

同様に無償で貸し出したそうです。

このことですら

成功の可否の重要なカギになっていたかもしれないのですから

ご縁とは凄いものです。

やはり、

強い信念と強い気持ち、

そしてタフさと柔軟性が

きっと夢をかなえていく上でとても大切なことなんだと思います。

新年早々、この本を読んで清々しい気持ちになりました。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い取り中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
 
平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時
不定休



twitterはじめました。
trifle68をフォローしましょう
by a-trifle | 2011-01-08 17:31 | ラビットスクーター

ラビット好きのおばあちゃん

当店トライフルはなぜかおじいちゃん、おばあちゃんにも人気なのか?

店内でいろいろなお話をしながら一緒に過ごす1日というのが時々あります。

そんな方々の中でも

ときどき遊びにきてくださるおばあちゃんの中に

ラビットスクーターが大好きな方がいらっしゃるのです。

もともとはある医院の先生から当店を教えられて来られるようになったのですが、

その後、治療の帰りに時間があれば寄ってくださるようになったのです。

「もう少し若かったら私もラビット運転したいんだけどね」(とてもお元気なんです)とか、

いつも他愛の無いことをおしゃべりしているのですが、

先日デジカメを持参されて「あなたのラビットを撮らせてくれる?」と、

嬉しいのでどうぞ、どうぞ!と。

お歳なのも忘れてしまわせるくらいデジカメを颯爽と操作して

いろいろと撮影。

「今度現像したら持って来るわね」と、

その日は帰っていかれました。

・・・・・後日、今日ですが

仕入れから帰ってきた調度のタイミングでご来店されて、

「写真できたから持ってきたわよ」と数枚の写真をいただきました。

b0167617_2013976.jpg

※おばあちゃん撮影

いい写真に写っています、うちのラビットスクーター。

まだまだ現役で行けそうです。

おばあちゃんもまだまだお元気で、遊びにいらしていただけたら嬉しいです。


腕時計修理、懐中時計修理、目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
大きな時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼(他店で断られたものでもOK)・新居や新生活で古時計をお探しの際には西荻窪のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも承っています。

古いモノの買い取りも随時受付中です。

お気軽にお問い合わせください。


twitterはじめました。ここをクリック!
by a-trifle | 2010-05-27 20:17 | ラビットスクーター

郵便ポスト、残りますように。

先日、出張修理のときに

偶然見かけた郵便ポストです。

b0167617_19511373.jpg


画面の左側は

大規模に区画整理がされていて、

巨大な建物の建設がされていました。

どんどん新しい建物が建てられて

昔のままなのは

この郵便ポストだけです。

思わずラビットスクーターと一緒に

写真を撮りました。

b0167617_1951252.jpg



これからも、いつまでも

郵便ポストとして現役で残っていますように。

腕時計、懐中時計、目覚まし時計、掛時計、ホールクロックなどの時計修理・
時計の電池交換のご依頼(他店で断られたものでもOK)や・新居や新生活で古時計をお探しの際には西荻窪のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも承っています。

古いモノの買い取りも随時受付中です。

お気軽にお問い合わせください。
by a-trifle | 2010-04-02 19:51 | ラビットスクーター

ラビット&ストリートバイカーズ

トモダチから

今回のストリートバイカーズは

ラビットスクーターの特集だよ、と聞いて

配達の帰り道、早速本屋へ。

表紙が他のオトモダチで更にビックリ!

本屋でニヤけてしまいました(笑)。

b0167617_16391347.jpg


301A型を当時のオリジナルのまま

丁寧に乗っているカッコイイ人です。

A型はマフラーの形状の違いのためか、

排気音も違って魅力的なんです。

そうそう、例のハナシはどうなったのでしょうか?(笑)


腕時計、懐中時計、目覚まし時計、掛時計、ホールクロックなどの時計修理・
時計の電池交換のご依頼(他店で断られたものでもOK)や・新居や新生活で古時計をお探しの際には西荻窪のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも承っています。

古いモノの買い取りも随時受付中です。

お気軽にお問い合わせください。
by a-trifle | 2010-03-26 16:42 | ラビットスクーター

ラビット スクーター ツーリング

当店トライフルは定休日なしの毎日営業。

いつ出掛けるんですか?と聞かれることがあります。

なかなか「お休み」としてラビットで出掛けるということがありませんが

開店前の早朝や

閉店後の深夜に友人達と出掛けることがあります。

b0167617_14374990.jpg


夜明け前に出発、目的地に到着して日の出を迎えたラビットスクーター3台です。

真ん中の大きな箱を付けているのは当店のラビットです。

一息ついて、すぐに店に戻って開店準備です(笑)。

慌しいようですが、これが気分転換になって楽しいのです。

早朝ツーリング参加者募集中です(笑)。

b0167617_1438579.jpg


こちらは夜に出掛けたときの友人達のラビットスクーターです。

当店のラビットはトルコンという、所謂オートマチックスクーターですが、

この2台はミッション仕様です。

通常版はギアが3速ですが、こちらはツーリング仕様のため4速あります。

当店のラビットが実用車とすれば

この2台はスポーツバージョンといったところです。

奥は125CC、手前は150CC(!)です。

詳しい方が見ればビックリしてしまう希少車ですが、

元気に走り回っています。

40年以上たっても未だに現役というのは、

基本設計の素晴らしさと耐久性の良さのおかげです。

あとは、所有者の愛情でしょうか。

愛着を持ってモノと接していけば、モノもきっと応えてくれるんだと思います。

時計も同じですね。

少しでも皆様のお役に立てればと思っています。

時計修理のご依頼・古時計をお探しの際には西荻窪のアンティーク・トライフルへ!ここをクリック!

古いモノの買い取りも随時受付中です。

お気軽にお問い合わせください。
by a-trifle | 2010-01-08 14:43 | ラビットスクーター

ラビットスクーターの灰皿

本日、ピッカピカの山口ベニー号に乗って

西荻窪北口の駱駝(ラクダ)さんがいらっしゃいました。

b0167617_18191493.jpg


状態の良い和箪笥といえば駱駝さんです。

いつもお世話になっています!

で、本日はとっても素敵な品を分けていただきました!

ラビットスクーターの灰皿です。

b0167617_18202452.jpg


ラビットスクウターになっちゃってます。

b0167617_18205567.jpg


バイク店の販促品のようです。

バイク店で使っていたものかも?店のオヤジさんが使ってたら絵になりそうです。

店の電話番号はなんと3ケタ(!)です。

時代を感じさせます。

ブタさん達と一緒にディスプレイしてみました。

b0167617_18211192.jpg

by a-trifle | 2009-06-11 18:29 | ラビットスクーター

ラビットs301BH3

当店、トライフルでは配達用にラビットスクーターを使用しています。

型式としてはs301BH3というトルクコンバーター式変速の

いわゆる「オートマチックスクーター」です。

b0167617_12265940.jpg


変速機内部、鉄釜のような中にオイルが充填、それが流動していて、

エンジン回転数に応じてオイルの流れが速くなりスピードが出る・・・・

のだと思いますが(汗)、詳しくは分かりません。

洗濯機の要領だとかいう方もいます。

自動車のオートマチックの原理はだいたいこれらしいです。

しかし、良く出来ています。

なんて頭のいい人達が考えたんだろうといつも感心してしまいます。

古いので壊れるのでは?

と、よく心配されますが、そんなことはありません。

消耗部品の交換や整備は当然必要ですが、

いままでに酷いトラブルは一度もありません。

機嫌を損ねたら修理してあげればいいだけですから。



基本設計が良いからなのか、古さは当然あるものの、とても丈夫に出来ています。

何しろ、現代のスクーターのボディーはプラスチック製ですが、

ラビットスクーターは鉄製ですから。

泥よけには小さくウサギのマークが入っています。

b0167617_12272653.jpg


閉店後には店内でこんな感じ。

b0167617_12321059.jpg


ぎゅうぎゅうです。
by a-trifle | 2009-05-06 12:34 | ラビットスクーター

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31