トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

HARRINGTON HOUSE ハリントンハウス ホールクロックの修理

HARRINGTON HOUSE ハリントンハウス 

ホールクロックの修理です。

b0167617_1424693.jpg


グランドファーザーズクロックとも呼ばれます。

かなり大型の風格のある床置き時計ですが

長年の使用で動かなくなってしまったという事での修理ご依頼です。

超大型の時計ですので出張修理という事で

ご自宅で早速診察開始です。

さすがに各部かなりの摩耗が見られます。

オーナー様も動きが悪くなってきた頃から

潤滑油を注したりされていたという事で油まみれの状態(涙)、

これが却って悪影響となり時計を傷めてしまう原因にも

繋がってしまっていたという

ちょっと残念な状態に陥ってしまっていました。

これはマズイという限界をもはや完全に超えてしまっていました。

気を取り直し、内部機械を取り外して持ち帰り、

気合いを入れて大修理という事になりました。

軸受の摩耗と損傷が激しかったので

じっくりと時間をかけて作業をしました。

動作チェックも念入りにしたあとに

再度お客様宅にお伺いして組み付けて

バランス調整等をして完成しました。

b0167617_14151643.jpg


月齢表示部分の不調も後日再調整して

元気に復活です。

b0167617_1416697.jpg


コチコチと優雅に振り子を振りながら時を刻み、

これからも長くご家族の一員として愛され続ける時計になりました。


ホールクロックは未整備で連続動作されていると

大体10年前後で不調に陥ります。

これは汚れを引きずったまま動作していたり

油切れのままだったり、

温度・使用環境によっても様々な不具合が出てきます。

出来る限り新品ご購入時から5年に一度は定期点検、

修理後は2~3年に一度は定期点検をお勧めします。

そうすることで長く安心してお使いいただける時計になると思います。


ホールクロック、グランドファーザーズクロックの修理も承っています。

定期メンテナンスも承っています。

時計の出張修理も承っておりますので

お気軽にお問い合わせください。

ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、
懐中時計修理、置き時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!


古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。


TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2014-03-13 14:21 | 時計修理

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30