トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カルティエサントスガルベ ブレス切れ修理と分解掃除

Cartier カルティエ サントスガルベ 

ブレス切れの修理と分解掃除ご依頼です。

b0167617_159211.jpg


1か所完全に切れてしまっていましたので

その部分を修理しました。

b0167617_1582130.jpg


見た目にはほとんどわからないと思います。

b0167617_159489.jpg


切れた部分、特に

力がかかってしまう部分などによっては相談しながら

修理方法をお決めすることになります。

b0167617_15115850.jpg


同時に全体のクリーニングと

内部機械のオーバーホールも施しました。

メンテナンスフリーと思われがちな

クオーツ時計ですが、

長く愛用するためには

しっかりとしたオーバーホールが必要です。

リフレッシュして、安心してお使いいただけるようになりました。



意外に多いカルティエの腕時計のブレス切れですが

長年の使用によって皮脂汚れ等々

ブレスの隙間に入り込んでいき、

その部分が徐々に酸化・腐食していき

一番弱い部分にストレスがかかって

限界を超えてしまうと切れてしまうようです。

接合部を目立たせないような

美しいデザインを維持していくには

毎日のちょっとしたお手入れが肝心なのです。


お手入れといっても

それほど難しいことではありません。

使用した後には必ず乾いた布等で

腕に当たっていた部分全てを拭いてあげるのです。

夏場などは、竜頭の周りなどにも注意して

特に念入りに拭いてあげましょう。

b0167617_15155735.jpg


あとは、1か月に一度程度は

使い古した乾いた歯ブラシなどで

裏側やブレスの隙間などの

細かい部分を

お疲れ様の労いの気持ちで(笑)

丁寧にブラッシングします。

そうすると、隙間から黒い細かい粉が

出てくると思います。

汚れていないと思っていた時計が

細かい隙間に汚れが潜んでいたのかが

はっきりと分かります。

定期的に掃除することで

致命的な事態を招かずに済みますし、

長くご愛用することが出来ると思います。


カルティエの時計修理も承っていますので

お気軽にお問い合わせください。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
置き時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・
グランドファーザーズクロック・ホールクロック等の大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古い時計・古道具の買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、先ずご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
東京都杉並区松庵3-31-16 

平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2013-10-24 15:20 | 時計修理

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30