トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ロレックス デイトジャストのオーバーホール

ロレックス オイスターパーペチュアル

デイトジャストのオーバーホールです。

b0167617_14522918.jpg



ブログに登場することが少ないのですが

当店では電池交換や、

現行品の機械式時計の定期オーバーホールも当然承っています。

やはり、若い時計は部品等も状態がよく

安心して作業が出来ます。

メンテナンスをしっかりと行っていけばいくほど

時計の寿命も長くなり、結果的にずっと愛用できるのです。

b0167617_14524828.jpg


このロレックスも全体的なシルエットは、

約60年以上の間、変わらずに作り続けられています。

これは、そもそものデザインの完成度の高さを物語っていると思います。

ほぼ普遍的であり、それでいて細かな変更を繰り返し

時代に合ったモノ作りを続けているということは凄いことです。


お預かりしたこちらの時計は比較的若いモデルです。

(というのも変かもしれませんが)

しかし、細かなマイナーチェンジは受けており

進化している部分を見つけたり、比較したりできる楽しみがあります

金属ブレスも進化を遂げていますが

こちらのタイプもほぼ熟成されたのではないかと思えるくらいに

シンプルでありつつ、スバラシイ作りです。

耐久性も考えられているのか、現在は無垢仕上げで、

古いタイプから比較すると厚みもかなり増していますので

日常使いにはとても安心感があります。

b0167617_1458952.jpg


ブレスと時計本体を取り付ける「バネ棒」の脱着の際に

以前は本体横に開いている穴から工具を押し込んで

外していたのですが、現在は横には穴は開いておらず、

b0167617_14583134.jpg


ブレス裏側の「フラッシュフィット」と呼ばれる金具側に

スリットがあり、こちらから工具を使って作業するようになっています。

製造するうえでは複雑になってしまうはずなのに、あえてこの方式にしたということは

外観から見た美しさを追求した上での変化、

作り手のきめ細やかさの表れなのかもしれません。


定期的なメンテナンス・オーバーホールをすることによって

これからも使いやすく、使い手を満足させてくれる時計であり続けてほしいです。


ロレックス・オメガ・セイコーなどの腕時計修理、懐中時計修理、
目覚まし時計修理、掛時計修理、ホールクロック修理、
時計のオーバーホール・定期メンテナンス・大型時計の出張修理や
クオーツ時計の電池交換のご依頼などなど、
他店で断られた時計でも修理可能の可能性が高いです。
新居や新生活でお気に入りの時計をお探しの際には
西荻窪・南口のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!
出張修理、配送サービスも格安で承っていますのでご安心下さい。

古いモノの買い取りも随時受付中です。
どんなものでも、とりあえずご相談ください。

金製品・プラチナ製品・記念金貨などもどこよりも高価買い受け中です。

お気軽にお問い合わせください。

TRIFLE(トライフル)
電話番号 03-6765-7690 
 
平日     14時~19時 
土・日・祝日 12時~19時

不定休


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
by a-trifle | 2011-08-05 15:06 | 時計修理

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30