トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ドイツ製のハト時計修理

ドイツ製のハト時計の修理です。

b0167617_188068.jpg


針がぐらつき、釣鐘を引っ張っていたところ

ストッパーが壊れてしまい鎖が

勢いで外れてしまっていました。

内部にも影響がありましたので

修正、修理です。

ドイツ製は大型が多い中、

小ぶりの可愛いサイズです。

それほど古いものではないので

内部歯車にプラスチック製パーツも

使われ始めています。

b0167617_1881794.jpg


ハト時計といっても

いろいろと違いが有ります。

日本製はハトが鳴くだけですが、

外国製はハトが鳴き、ボンボンも鳴るものが多いです。


ハトの鳴き声も電子音よりも鞴(笛の原理)で

鳴くほうが、風情が有りますね。


時計修理・時計の電池交換のご依頼(他店で断られたものでもOK)や・新居や新生活で古時計をお探しの際には西荻窪のアンティーク・トライフル(とらいふる)へ!ここをクリック!

古いモノの買い取りも随時受付中です。

お気軽にお問い合わせください。
by a-trifle | 2010-03-05 18:09 | 時計修理

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30