トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

精工舎 枕時計

明治から大正にかけての

精工舎で販売していた枕時計です。

b0167617_1822818.jpg


今の目覚まし時計の先駆けとでもいいましょうか。

こちらはアラームの代わりにカレンダー機能が備わっています。

外観の仕上げにも何種類かあったようです。

b0167617_1822324.jpg



文字盤はホーロー引きの

高級仕上げです。

b0167617_18225389.jpg


ガラスもわざわざ厚いガラスの

面をカットしてシャープさを演出しています。

横にも窓ガラスがはまっていて

中の機械を見ることが出来ます。

b0167617_18231458.jpg


横にガラス窓のあるタイプは

当時の高級品です。

しかし、その法則を狙ったニセモノも当時からありますので

判別には注意が必要です。

高級機の外側に普及品の機械を仕込んだものまで

見かけます。

悪意があるのかどうかは分かりませんが、

時折、そんな時計をいろんなところで目にすることもあります。

とても複雑な心境になります。



当店ではオリジナル重視なので、

そのような事は一切ありませんから

ご安心ください。

動力のゼンマイは1本のみ。

b0167617_1824454.jpg


これで時計機能とカレンダーを動かしています。



アンティークなテーブルやビューロの上に

ちょこんと置くと

とっても素敵です。

整備も済んで元気に時を刻んでいます。
by a-trifle | 2009-08-26 18:34 | アンティーク時計

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30