トライフル・西荻窪・時計修理とアンティーク時計の店

furudokei.exblog.jp ブログトップ | ログイン

昔の時計店の保証書

戦前から営業されていた時計店から未使用の

保証書が見つかりました。

b0167617_1953875.jpg


何ヶ月保証かも時計店によって変えられるようになっています。

こんなときは無料修理ではないという項目も

しっかり入っています。

①ゼンマイ切れ

②ガラス破損により生じた故障

③落としたり、本人の不注意により生じた故障


①は手巻き式にはよくあるんです。

お客様に渡して数日で切れたとか。

ゼンマイはいつ切れるか分かりませんので保証できないということでしょうね。

②は昔のガラスが薄い手作りガラスだったので割れやすかったということと、

その割れたガラスが粉々になって針や文字盤を痛めたりすることが

多かったためらしいです。

当時は換え文字盤が多数流通していたということでも分かります。

③は落としちゃった、とか水に漬けちゃったということでしょう。

どちらも修理は大変な作業になりますから。

昔の時計には衝撃を吸収するような構造がなかったので

余計にデリケートに扱わなくてはならないのです。

が、高級品の場合は持ち主も丁寧に扱いますが

一般に普及してくると、そうでもない扱いをされてしまうことも

多かったそうです。

当時の職人さんは大変苦労されたそうです。


当店は6ヶ月間無料保証ですのでご安心を。

(③はちょっと無理かも?)
by a-trifle | 2009-07-02 19:08 | アンティーク時計

時計修理・アンティーク時計・古道具


by a-trifle
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30